漁村での生活

ホーム > 漁村での生活

就業までの流れや移住後の生活をイメージしよう!

高知県内の漁村では、地域の担い手となる
新規漁業就業者を募集しています。
就業者募集情報に加え、余暇の過ごし方や生活インフラに
関する情報等を地域ごとにまとめています。

室戸市

大型定置網漁業

 室戸市は、高知県東部に位置し、太平洋の荒波が打ち寄せる室戸岬一帯が国定公園に指定されています。 人口は約14,000人で、温暖な気候を活かした柑橘類やビワなどの農業、豊かな海の恵みを受けた定置網などの漁業、四国遍路や世界ジオパークなどの観光業が盛んです。 周辺海域は、栄養塩の豊富な海洋深層水が湧き上がる好漁場となっており、アジやサバ、ブリなどの回遊魚を対象とした大型定置網漁業が盛んです。市内では、5経...

詳しくはこちら

中芸地区

大型定置網漁業

 高知県東部に位置する奈半利町、田野町及び安田町を含む中芸地区は、ナスやミョウガの施設園芸を中心とした農業、魚梁瀬杉を活用した林業、定置網や釣りを中心とした漁業などの一次産業が盛んです。また、北川村の「モネの庭」や馬路村の「馬路温泉」など観光業にも力を入れています。 周辺海域では、古くから定置網や一本釣りを中心とした漁業が営まれています。大型定置網漁業ではアジ、サバ、イワシ等、一本釣り漁業ではキン...

詳しくはこちら

須崎市

魚類養殖業

 須崎市は高知県の中央部に位置し、高知市から西に約30キロメートルの地点にあります。人口は約23,000人で、主な産業は農業や漁業といった第一次産業、セメントの生産などの第二次産業です。農業ではミョウガやキュウリなどの施設園芸、漁業では養殖業やバッチ網などが営まれています。 市内を流れる新荘川は、ニホンカワウソが日本で最後に目撃された場所です。そのニホンカワウソをモチーフにしたキャラクター「しんじょうくん...

詳しくはこちら

中土佐町

かつお一本釣り漁業

 中土佐町は日本最後の清流四万十川が流れ、緑豊かな山野、青い海、自然豊かなリアス式の海岸線など、自然環境に恵まれた町です。久礼、上ノ加江、矢井賀、大野見の4つの地区に分かれており、それぞれに特色があります。【久礼地区】 かつお一本釣りが盛んで、青柳裕介氏の代表作「土佐の一本釣り」の舞台にもなった漁師町で、新鮮な魚を味わうことができる「久礼大正町市場」や、温泉やカツオわら焼き体験を楽しむことができる...

詳しくはこちら

黒潮町

Tシャツアート展

 黒潮町は、高知県の西南に位置し、温暖な気候に恵まれた、美しい海岸線と緑豊かな山々が広がる町です。 町の中ほどに広がる入野海岸は、名勝・入野松原を中心に県立自然公園に指定されており、緩やかな勾配の砂浜にあるクロマツ林は、規模・美しさともに本県随一と言われています。 また、4kmある入野海岸には砂浜を美術館に見立て、漂流物、波や風による砂紋、砂浜から見えるもの全てを作品とした「砂浜美術館」があり、ここ...

詳しくはこちら

土佐清水市

足摺岬灯台

 土佐清水市は四国の最南端に位置し、空港も鉄道も高速道路もないことから「日本で最も東京から遠い市」といわれています。 年間の平均気温が18度と暖かく、日照時間の長さも全国トップレベル。さらに、自然そのままの美しい海・山・川が今も多く残っているなどの魅力がたくさんあります。 沿岸海域は多種多様な魚が集まる好漁場になっており、ゴマサバやメジカ(マルソウダ)を対象とした釣り漁業、10数人で操業する大型定置網...

詳しくはこちら

宿毛市・大月町

水揚げのようす

 宿毛市と大月町は高知県の最西端に位置する自然豊かな地域です。一次産業が盛んに営まれ、中でも漁船漁業や養殖業をはじめとする水産業は、地域を支える重要な産業となっています。 宿毛市と大月町が面している宿毛湾では、養殖業、定置網漁業、まき網漁業など様々な漁業が営まれていますが、特にまき網漁業と養殖業が盛んに行われています。

詳しくはこちら

高知かつお漁業協同組合

年間スケジュール(近海かつお一本釣り漁業)

 カツオは、高知県民が年間に購入する量が全国一位であるほか、「高知県の魚」にも選定されるなど、高知には馴染み深い魚です。近海かつお一本釣り漁船は、カツオの北上・南下に合わせて南西諸島〜三陸沖で操業しています。そのため、高知県の漁業者は、県内だけでなく、鹿児島県、静岡県、千葉県、宮城県などの漁港に、年間16,000〜30,000トンを水揚げしています。 カツオは、他の生物や漂流物に群れる習性があり、クジラにつく...

詳しくはこちら

PAGE TOP