宿毛市・大月町

ホーム > 宿毛市・大月町

掲載日:2019/03/28

水揚げのようす
宿毛地域名産物キビナゴ

 宿毛市と大月町は高知県の最西端に位置する自然豊かな地域です。一次産業が盛んに営まれ、中でも漁船漁業や養殖業をはじめとする水産業は、地域を支える重要な産業となっています。
 宿毛市と大月町が面している宿毛湾では、養殖業、定置網漁業、まき網漁業など様々な漁業が営まれていますが、特にまき網漁業と養殖業が盛んに行われています。

漁業就業者・長期研修生の募集概要

中型まき網漁船

【雇用型】中型まき網漁業

 中型まき網漁業は1船団5隻、乗組員約20人程度で操業する大がかりな漁業です。網を揚げる際など大人数で同時に行う作業が多いためチームワークが求められます。また、中型まき網漁業は基本的に雇用型で給料制のため、比較的収入が安定しています。

募集条件等

  • 漁業や魚が好きで、就業後、宿毛市又は大月町に居住できる方。年齢は基本的に60歳までの方。
  • 募集は随時行っております。募集人員は、定員の空き状況によりますので、適宜お問い合わせください。

一日のスケジュール

一日のスケジュール(中型まき網漁業)


先輩就業者の紹介(中型まき網漁業)

先輩就業者の紹介(中型まき網漁業)

永道忠雄さん 

出身地:広島県
所属漁協:すくも湾漁業協同組合安満地支所
漁業種類:中型まき網漁業(蛭子丸運搬船乗組員)

漁業に就業するまでの経緯

 広島でバスの運転手をしていましたが、趣味のダイビングができる場所に移住したいと思い、平成26年に大月町に移住しました。その後、土木の仕事やアルバイトなどを転々とし、平成27年10月に蛭子丸の乗組員として就業しました。

まき網漁業に就業して良かったこと・大変だったこと

 良かったこと:漁の後に魚がもらえること。
 大変だったこと:漁の時間が夜から朝・昼までかかり、夜に寝るというのがあまり出来ないこと。

新しく漁業を目指す方へのアドバイス

 私は行政の支援制度を使わず、中型まき網漁業の乗組員として就業しましたが、短期研修を活用し、色々な漁業を体験し、自分の性格や移住後の生活に合った漁業を事前に確認するのがよいと思います。



小型まき網漁業操業風景

【独立・自営型】小型まき網漁業

 小型まき網漁業は、1船団2〜3隻、乗組員2〜3人で行います。操業にはチームワークも必要ですが、少人数のため船の位置や網の状況などを自ら判断し動くことも必要になります。
 基本的に自営で営むため、やる気・頑張り次第で水揚げを伸ばせる可能性があります。

募集条件等

  • 漁業に積極的に取り組む意欲のある方。
  • 年齢は基本的には60歳までで、就業後、宿毛市又は大月町に居住できる方。

一日のスケジュール

一日のスケジュール(中型まき網漁業)


養殖業

【雇用型】養殖業(ブリ、クロマグロ)

 大月町では、ブリやクロマグロなどの養殖業が盛んに行われています。中でもクロマグロは、海水温が高い、透明度が高い、海水の交換が良いといった条件を満たす海域でしか飼育できないため、高知県内では、これらの条件を満たしている大月町でしか行われていません。

株式会社松岡 サンライズファーム養殖場

募集条件等

  • 漁業や魚が好きで、就業後、大月町に居住できる方。年齢は基本的に60歳までの方。
  • 募集は随時行っております。募集人員は、定員の空き状況によりますので、適宜お問い合わせください。

先輩就業者の紹介(クロマグロ養殖)

先輩就業者の紹介(クロマグロ養殖)
井澤さんと同僚の方々

移住・就業に至る経緯

 平成25年にご家族で大月町に移住された井澤さん。自然豊かな地域で子育てがしたいと思い、出身の埼玉県から長野県に移住されました。しかし、長野県で過ごすうちに、海のある地域で生活したいと考え、移住先を探し始めました。大月町は、周囲の環境も良く、近所の方々も優しく迎え入れてくれたため、移住を決意されました。
 移住後、クロマグロ養殖を営む水産会社へ転職されました。県外出身者への理解のある同僚にも恵まれ、充実した毎日を送られています。

仕事内容

 出荷のある時は早朝6:00頃から作業を行います。その後は陸上で道具やロープなどの修理・作製を行っています。他にも、潜水士の人は、潜水作業(生簀網が破れていないかのチェックなど)も行います。

余暇の過ごし方

 早朝勤務が多く午後からは時間が取れるため、仕事終わりに家族で磯遊びをしたり、休日には近隣市町村へ遊びに行ったりします。


移住を検討されている方へのアドバイス

 田舎暮らしがしたいというだけで移住するのではなく、その地域の人々との交流を意識することが大切です。地域コミュニティに思い切って飛び込めたら、困った時には地域の人達が助けてくれます。

地域情報 宿毛市

余暇の過ごし方

釣り

 宿毛のチヌ(クロダイ)は引きが強いことで有名で、「マッスルチヌ」とも呼ばれ、全国のトッププロも訪れるほどです。過去には釣り具メーカー主催のジャパンカップ決勝戦が行われました。
 また、宿毛には磯渡しの渡船が複数隻あり、宿毛市の離島である沖ノ島や鵜来島周辺の磯はグレ(メジナ)釣りで日本でも有数のフィールドとして知られています。

ダイビング

 沖ノ島、鵜来島には日本有数の透明度を誇るダイビングスポットが数多く存在します。大規模なサンゴ礁や、数多くの熱帯性の魚の姿などを楽しむことができます。

ダイビング(宿毛市)

副業・ご家族の仕事

  • 宿毛市には農林水産業から飲食、運搬といった各種サービス業、医療、介護、保育関係、営業、事務関係の職業など、幅広い職種があります。
  • 詳しくはハローワーク四万十(TEL:0880-34-1155)または宿毛市企画課移住定住推進室(TEL:0880-63-1165)へお問合せ下さい。
移住定住推進室(宿毛市)

生活インフラ

総合病院

幡多けんみん病院:内科、消化器科、循環器科、外科、小児科など
大井田病院:内科、外科、整形外科、小児科、循環器科、皮膚科

学校

小学校:9校(宿毛、小筑紫、平田、他6校)
中学校:5校(宿毛、小筑紫、片島、他2校)
高等学校:2校(宿毛、宿毛工業)

量販店等

スーパーマーケット:フジ、サングリーンクリハラ、エヴィくりはら
ドラッグストア:セイムス、コスモス、くすりのレディ
コンビニエンスストア:ローソン、ファミリーマート
家電量販店:ヤマダ電機、ベスト電器 など

移住支援制度

お試し住宅外観(宿毛市)

移住者向けお試し住宅

地域振興住宅の一部の部屋に体験入居できます。
期間は1ヵ月以上、最長6カ月
入居資格:県外に居住し、宿毛市に移住定住を考えている。市税の滞納がない。連帯保証人を立てられる等。
自己負担金:家賃、共益費及び駐車場代(1台分)⇒10,000円/月
      水道光熱費⇒使用に応じた金額

お試し暮らし短期滞在助成事業

移住に向けての準備や検討のための活動を行う際の、市の指定宿泊施設への宿泊費用を助成。
対象者:市外に住所があり、宿毛市への移住を検討している方。
    移住のために市内で住居や仕事を探す活動を予定している方。
助成金額:2,000円/泊
     市の指定宿泊施設で利用できる2,000円分の助成券が配布される。ただし、年間で3泊以上、13泊以内。

フレキシブル対応型移住体験ツアー

宿毛市内での生活を1泊2日、または2泊3日のプランで体験できるツアー。
希望に応じて施設案内や空き家見学などに案内可能。
参加条件:ツアー開始時に宿毛市の移住支援員から、市の移住制度についての説明あり。
※上記の短期滞在助成と併用可

空き家バンクを利用した空き家情報の提供及び案内

※詳細は、宿毛市企画課移住定住推進室(TEL:0880-63-1165)へお問合せ下さい。


地域情報 大月町

余暇の過ごし方

釣り

 黒潮の影響で魚影が濃く、多種多様な魚が釣れる。特にアオリイカは大型化した個体も見られ、3kg超の大物が釣れることも。

家庭菜園

 家の近くに畑を持っている住民も多く、育てた野菜を道の駅に出荷して、ちよっとしたお小遣い稼ぎをしている方もいます。

海水浴・ダイビング

 大月で海水浴・ダイビングといえば柏島です。柏島の海は黒潮の影響で透明度が高く、時には40mを超えます。広範囲にサンゴ礁が広がり、温帯性と熱帯性の魚が共存している豊かな海です。

ダイビング(大月町)

 副業・ご家族の仕事

  • 車を所有している方には、四万十市までを生活圏としてハローワークを紹介しています(パート・アルバイトだけでなく正職の仕事もあります)。
  • ふれあいパークや良心市への出品 など
ふれあいパーク大月

生活インフラ

病院

大月町国民健康保険大月病院:内科、歯科口腔外科
佐々山歯科
ながおか歯科医院

学校等

保育園:3園(月灘、柏島、弘見)
小学校:1校(大月)
中学校:1校(大月)

量販店等

スーパーマーケット:くりはらコモンズ大月店、ママショッピングセンター
コンビニエンスストア:ローソン
道の駅:ふれあいパーク大月


PAGE TOP